伝統左官

~黒磨き~

 

磨けば磨くほど・・・ →

伝統左官

~黒磨き~

 

 

この輝き。→

    伝統左官

    ~黒磨き~

磨きに磨いて、まるで鏡のよう。